勉強する女性

パティシエになるために専門学校へ通い知識や技術を習得しよう

しっかり勉強しておこう

飲み物

バリスタとは、コーヒーについての知識が豊富であり、お客様が満足のいくコーヒーを提供できるプロのことです。バリスタになるためには、専門知識や技術が必要になるのです。また、バリスタには、特別な資格は必要とされてはいませんが、バリスタの資格を持っていることで、周りの人から高い評価を得られるのです。そのためにも、バリスタについて専門学校へ通い、知識や技術を学んで資格を取得するために勉強をしている人は沢山います。

バリスタの資格には、レベル1とレベル2とレベル3の他にインストラクターがあります。これらを合格することでバリスタの資格を取得することができるのです。試験の内容は、主に筆記試験と実技試験で行われます。それぞれの種目によって試験の内容は異なるのです。例えば、レベル1の試験では、基礎的な知識が備わっているかを確認するため、50問ほどの筆記試験が行われます。そして、実技試験では、カプチーノを製造したりエスプレッソを抽出したりといった内容の試験が行われます。このような試験を合格すると、レベル1の資格が得られるのです。それぞれを順番に合格することで、バリスタの証明になる資格を偉えることができます。しかし、レベル1からレベル3までの試験内容はどのような内容で行われているかが公式で発表されていますが、インストラクターに関しては、公式では発表されていないため、試験を行う際には、どんな試験内容でも対応ができるようにしっかり勉強しておく必要があるのです。バリスタの資格を得るためにも日頃からしっかり勉強をしておきましょう。